病院にとって医師の大量退職というのは、病院の専門性すらも変えてしまう大事件である。例えば、時折メディアを賑わすトップの人間の更迭・医療ミスなど。

そういったことが起きてしまうと、その病院に勤める医師の多くは退職という文字が脳裏をよぎるのではないだろうか。医療業界の権力闘争そのものは否定こそしないが、病院というのはその地域の患者さんがあってこそ成り立っているのだと私は思う。

地域の人々の暮らし・想いもしっかり考えてもらいたいものである。

さて、私が以前伺った病院での話をしようと思う。その病院は経営そのものが企業に移っている状態で、地域に根差す医療機関としての存在が崩れ落ちてしまっていた。現在は少しずつ再生していっている。

しかしながら、医師不足に苦しんでいるのはどこも変わらない。現在は、紹介会社から募集をかけてみたり医局に奉仕し何とか医師を回してもらったり、医師の求人をかける場合も非常勤で働くことができる案件とするなど、血のにじむような努力で何とかつないでいるようだ。

この病院がまだその地域で存在感を放っていた頃から、私はその病院へ医師を提案すべく度々うかがっていた。その当時、医師もあまり見かけず寂しい雰囲気が漂っていた。しかしその中で、新しいものが生まれんとする時のエネルギーが確かに感じられたのだ。

この先、良い方向に向かっていく可能性を秘めていると、そう思えた。

今後、本当に再生し、再びその土地の人々の拠り所となってくれることを切に願うばかりである。

トップ