これはどの病院でも起こり得ることだが、医師の開業による在職病院の退職。

自身で開業を志すほどだ、それ相応の実力や人望のある医師であることが多い。当然のことながら、そんな人材を手放すのは病院としてはかなりの痛手である。

病院によっては厚生省の規定数に合わせる為に医師の求人を出しているケースも多いのが現状だ。つまり病院の存続の危機がかかっているところもあるという事だ。医師を派遣してくれる大学病院へ依頼しても、肝心なその大学も医師が不足していて苦戦を強いられているのである。

常勤医のコネをたどってみたり我々紹介会社に頼ってみたりと、出費・時間を割いて痛手覚悟の人材確保に必死になっている。そんな中で、開業に伴う退職というのは地域から信頼を寄せられている医師がいなくなるのは大きな損失なのである。病院にとっては、もう踏んだり蹴ったりな状況といえるが、医師にとっても人生は一度きりだ。独立したいと思う気持ちも分かる。

このように、地域社会や病院経営に及ぼす影響というのは甚大なのだ。

そのため、医師の独立というのは実行に移すには相当の意志の強さが必要だといえるかもしれない。最善は、無責任にならず自身がいなくなった後の事も考慮した引き際がスマートだといえるだろう。

トップ