居候野良ニャンコとドクター 

我が家に2匹の野良ニャンコがやってきてから、「人間と動物」の暮らしについて考える事が度々あります。

ニャンコたちと出会うまでは、地球は人間が暮らしやすいように進化し、これからも発展し続けているのだという観点から物事を捉えていました。2匹の野良ニャンコたちとの暮らしの中で、人間もニャンコたちも同じ生き物なのだという意識が、自然と私の中で芽生えるようになりました。

最近は、日本全国的にも、人々の主な生活圏の街中に野生動物が現れるようになり、多くのメディアやニュースなどでも問題視されています。

野良ニャンコたちの存在も、人間の生活圏をおびやかすと考えられれば、殺処分されてしまう可能性も出てくるのです。様々なボランティア団体や、行政が、動物たちの殺処分をゼロにしようと、広報を行ったり、運動を繰り広げていますが、実際に自治体の犬や猫の致死処分の現状を調べてみると、かなりの頭数の処分件数をみつける事ができます。

私は、あのドクターと出会うまでは、そのような処分される犬、猫が地域にいる事さえも、全く考えもしませんでした。ドクターは、長年に渡り、野良猫たちの避妊、去勢手術を無償で行ってきていると聞いています。

私個人としても、不遇なニャンコやワンコたちに何か、手を差し伸べられるのであろうかと、最近、常々考えてしまいます。

まずは、目の前の大事な2匹の野良ニャンコたちの飼い主を全うする事。

そして、ドクターの病院の駐車場にある「獣医師 求人」のポスターの告知によって、ドクターの後継者がみつかるように人知れず願っています。

なかなかドクターのように、慈悲深い獣医師をみつける事は難しいかもしれませんが、地球が人間たちのものだけではない事を、ドクターのボランティア精神から学んだ私は、病院の「獣医師 求人」ポスターによって、次に現れるドクターの存在が気になってしまって仕方ありません。

他力本願的な行動になってしまいますが、私たちの地域にどうか良いドクターが現れますよう願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップ