X線CT検査について

X線CT検査というのはコンピューター断層撮影のことで、X線を発生させる管球を360度回転させながら、人体に多方向からX線を当てて、透過してくるX線を測定するそうです。それをコンピューターで計測して、画像を合成するそうです。体内の様子を調べることができたり、多くの部位の病気の診断に利用されるそうです。最近ではベッドが動いて連続的に撮影するヘリカルCTやそれを進化させた検出器を多列に備えたマルチディテクターローCTなどといった、高性能高機能CTが普及しているそうです。マルチディテクターCTのような高機能装置は、一回息を止めている間に撮影が終了するそうです。

ほんの10秒程度といったところのようです。早く撮影できるということは、広範囲の撮影を何度もやったりすることも多く、その分、被曝量が増えてしまったりするそうです。CTは撮影した情報をデジタルデータとして保存するそうです。データを加工することでさまざまな表示をすることができるそうです。同じ胸部のCT画像でも表示条件を変えるだけで、まったく異なった見た目を得られるそうです。造影剤を入れて細かく撮像したデータを3次元的に加工すると血管撮影のような画像を表示することもできるそうです。

頭部CTでは、頭蓋内の出血が疑われる場合や頭部外傷などのときには、第一選択となる検査だそうです。急性期の出血は脳実質に対して白っぽく描出されるそうです。頭痛の原因としてくも膜下出血がないかどうかを調べるためにCTをやっても大部分の頭痛では所見がないことがあるそうです。この所見がないということがとても大切な情報となるそうです。脳梗塞や脳腫瘍が疑われたらMRIを最初に撮影することも多いそうですが、CTでの情報もとても有用だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップ